弁護士費用

法律相談料

  • 1時間につき10,000円(消費税は別途いただきます。)
  • 事件を受任する前に、まずは法律相談を実施いたします。
  • 当事務所では、お話をじっくりうかがったうえで、適切なアドバイスをしたいという思いから、法律相談は1時間からとさせていただいております。
  • 案件によっては法律相談のみで解決することもあります。
  • 法律相談は予約制となっておりますので、お電話にてお問い合わせください。

弁護士費用の種類

着手金

事件の処理を依頼されるときにお支払いいただく弁護士費用です。
着手金は,事件が中途で終了しても、原則としてお返しすることはできません。

報 酬

事件が終了したときに,その結果に応じてお支払いいただく弁護士費用です。

日 当

事件を処理するために,香川県外に出張する必要がある場合には,その時間に応じて日当をいただくことがあります。

※そのほか,事件を処理するために必要な実費(切手代,収入印紙代,交通費など)はご依頼された方の負担となります。

着手金と報酬のめやすは以下のとおりです(消費税は別途いただきます。)
ただし、事件の内容により変わる場合がありますので、具体的な費用については、個別に検討して、法律相談の際などにお伝えします。

民事事件

経済的利益の額着手金報 酬
300万円以下の場合経済的利益の8%経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合経済的利益の5%経済的利益の10%
3000万円を超え3億円以下の場合経済的利益の3%経済的利益の6%
3億円を超える場合経済的利益の2%経済的利益の4%

離婚事件

事件の内容着手金報 酬
離婚調停,離婚交渉事件30万円~50万円30万円~50万円
離婚裁判事件40万円~60万円40万円~60万円

※ただし,財産分与,慰謝料などの財産的給付を伴う場合には,上記金額に,民事事件の基準により算定した着手金と報酬がプラスされます。

後見事件

事件の内容着手金報 酬
成年後見開始申立20万円~なし

破産事件

事件の内容着手金報 酬
破産申立30万円~なし

刑事事件

事件の内容着手金報 酬
起訴前及び起訴後の事案簡明な事件30万円~50万円不起訴,略式命令,執行猶予,求刑されたが刑が軽減された場合
30万円~50万円
上記以外50万円~不起訴,略式命令,執行猶予,求刑されたが刑が軽減された場合
50万円~
無罪の場合
60万円~